fc2ブログ

記事一覧

こんな稼ぎ方が有るんです。

2006年、17歳のとき、情報商材を購入し、それを実践した様子を交えながらその情報商材をブログでアフィリエイトする手法を確立。そのやり方を詳細に解説した『ブログ解体新書』を兄との共同作業で完成させ、ヤフーオークションなどで販売。売上総額およそ3,500万円を手にする。
奇妙な商品名と、大輔自身の年齢や身の上に関する情報も手伝って、一挙にネット上で話題となり、「十代身障者起業家」として名を馳せる。
しかしあまりの若さゆえ、いわれのない”ねたみ”も多く受けた。
今もって「和佐大輔のは全部詐欺ですよ」という無責任で汚らわしいデマを流す者が少数いるようであるが、これほど事実とかけ離れた嘘も珍しいのである。

「ブログ・アフィリエイト・情報商材」が「誰でも手軽に稼げる3アイテム」としてブームとなり、似たようなコンセプトの情報商材をリリースする「自称元ニート」、「自称元借金まみれ人間」が急増した。

如何わしげなセールスレターひとつで荒稼ぎしては消えていく「えせネット起業家」をよそに、大輔は真っ向勝負のマーケティングを地道に続ける。
ネット起業家は、若いとはいえ全員大輔よりも年上。大輔が憧れを抱く有名起業家も何人かいたが、彼らの「金儲け最優先主義」や「顧客を見ていない独りよがりのマインド」に気づくや、大いに失望し幻滅を覚えていく。

しばらくはメルマガで、簡易なアフィリエイト手法を発見しては紹介するなどの大衆的な内容のコンテンツを発表し、兄も「和佐兄ブログ」を立ち上げ人気と収入を同時に得ていた。
が、やがてアフィリエイトではなく、「自分から生まれる価値を販売する」というコンセプトの元、情報起業家育成に情熱を注ぎはじめ、『情報起業解体新書』を無料で出すというサプライズオファーで人気を得る一方で、参加費30万円の”情報起業塾”を開催するなどして、「情報起業家育成コンサルタント」としてもゆるぎない実績を急速に積み上げていた大輔は、不況がますます深刻化しつつあった2007年、ほとんど表舞台に姿を現したことのない一流ネット起業家木坂健宣(きさか-たけのぶ)との共同作業により、超のつく大ボリュームの情報”教”材『ネットビジネス大百科』をリリース。
広告には流血をイメージしたGIFアニメを採用、セールスレター上には「クソネット起業家」「バカ」という言葉すら見える怒りと攻撃性の演出を施した。
「いつもニコニコしている少年」のイメージから一転、「僕がネット起業界を変えたい!」という熱いメッセージを発信する。
木坂の一流のスキルを惜しむことなく注ぎ込んだセールスレターは魅力にあふれ、見る者の度肝を抜いた。見苦しい”煽り”をしないレターは、それだけでも新鮮なイメージを与えた。

しかし、いちばんインパクトを与えたのは価格である。「販売価格10,000円、アフィリエイト報酬8,800円」というあまりにも非常識な価格を設定し、「フロントエンド(顧客の入口になる)商品は安く、かつ価値の高いものでなければならない」という不動のポリシーを明確に提示した。
紛れもなく10万円を超える価値のある教材が『ネットビジネス大百科』であった。
『ネットビジネス大百科』は、2年を超える長期間にわたり、現在も売れつづけている。

こののちも、大輔の歩みは衰えることなく、むしろ急激に加速の度合いを高める。”塾生”に対するコンサルティングをこなしながら、情報起業で成功するためのセミナーを精力的に開催し、親ほどの年齢の人からも「和佐さんほどの人なら・・・」という言葉遣いをされるまでになる。
闊達な性質とは裏腹に、セミナーなどでの語り口はきわめて淡々としており、弱冠21歳にして、貫禄も一流の域にあると感じさせる。
「クライアントに結果を出させることができない教師(コンサルタント)はゴミだ!」と強調し、事実結果の出せるコンサルタントとして、その地位を磐石のものにしつつある。

『情報起業進化論』、『Under25セミナー』を経た2009年冬、『C3(Contents Creation Course)セミナー』を動画・音声教材としてリリース。
その質の高さに、唸るしかなかった購入者が多いと言われる。
「僕らの価値観なんてどうでもいい!お客さんの価値観を満足させなければ、その商品の価値はゼロだ!」と訴え、2010年以降の「継続してお金を払ってもらえる商品」と「不況社会に光明をもたらすことのできる情報起業家」の理想モデルを提唱した。

和佐大輔が支持される理由のひとつに、「誰も知らなかったノウハウ」と言うよりも、「知っているつもり、聞いたことがあるような」話の、本質を解き明かして提示するという素朴なコーチング・スタイルがある。
本質を理解しなければ、それは理解したことにはならない。だから知っているつもりなのに使えない、やっているつもりなのにできていない、やっていることの意味がわかっていない、そもそも自分の状況を客観視できない、そもそも何をどうやればいいのかがわからない、などという”罠”に陥りがちなのが人間であるから、その罠から解き放つ力を持った大輔の”教え”は、事実クライアントの成功に直結しているのである。

大輔に言わせれば、「人の問題点を見つけることは誰にでもできる。自分のことがいちばんわからないのが人間だから、誰かを教える価値もそこにあるし、気づかせてあげることは誰にもできる。だからあなたも今からコンサルタントになれる」。それほどに情報起業は簡単にできると説く。
「失敗が怖いからと言って、失敗しない方法を考えていてもいつまで経ってもできない。怖くても、やれば次からは普通にできる。一度やってしまえば、次は怖くはない。恐怖の最大の原因は、さっさと経験してしまうという積極性のなさである」。「怖い。できない。やらない。そうしていつまでも進化できないことこそ恐怖であり、不幸であり、失敗である。幸福になりたくなければやらなければいいが、幸福になるにはやるしか道はない」。
「経験がない?では経験しましょう。知識がない?では知識をつけましょう。勇気がない?ではバカになって飛びこんでしまいましょう。成功のためにどうしたらいいか。成功の障害になっている問題点を見つけること。問題点を解決するにはどうしたらいいか。これは考えればいいし、考えてわからなければ訊けばいい。足りないものが見つかったら、手に入れればいい。僕たちの頭が思い描くことは、必ず実現すると科学の世界でも言われている。できないと思うのは単なる勘違い」。
ますます不況が深刻化すると言われるこの先、果敢に行動しない者の運命は、もはや定まっている。

和佐大輔は、以前からやはり精力的に続けていたメルマガを、2010年1月から有料化すると宣言した。
正確には、『和佐大輔のメルマガ』は今までどおり無料で継続し、もうひとつのメルマガ『Illmatic(激烈にヤバい)通信』という講座型ニュースレターを有料化し、「本気の人だけ」に読んでもらいたいとして月額1,988円に設定した。これは大輔の生まれ年にちなんだ価格であり、やはりあまりにも廉価である。
『Illmatic(読みはイルマティック)通信』の内容は、大輔のセミナーにも勝るとも劣らないと言われており、その内容をすでに無料で購読しているファンたちの中には、「価値は十分に理解していますが、資金が乏しいのでせめて5,000円で」と”嘆願”した者もいたとか。
毎月5,000円は、資金が乏しい者にはかなり思い切った支出であるが、それを自ら言わせてしまう。まさか「2,000円」と言っては失礼に当たる、人格を疑われるという恐怖すらあるのかもしれない。
しかし実際に提示された価格は1,988円である。価値からすれば、ゼロが少なくとも1つは足りないと思わされるのである。

和佐大輔は、ある種の天才である。しかし、同時にある種のあまりに凡庸な、あまりに少年じみた、普通の青年である。
この両面を併せ持つところが、大輔の魅力であり、また彼の高い洞察力を生んでいると思う。
天才はしばしば大衆から乖離する。しかしそれでは大衆の心はつかめない。大輔は、あくまでも大衆の一人として、同時に「大衆(愚衆)であってはならない」という反骨心を持っている。だから、大輔は大衆を裏側から見ることができるのである。
そんな大輔の二面性が、「誰にでもわかりやすい言い回しの中に、まったく新しい発見、気づきを喚起させるエッセンスをしのばせる」という、陳腐に見せてその実きわめて個性的な、実質的な結果を出せるアドバイスを生み出しているのであろう。

不況になればなるほど、「和佐イズム」は威力を発揮する。つまり稼げる。
この先、私たちは、不安感にまみれながら生きるのか、自分なりの幸福、成功を目指して積極果敢に歩を進めるのか。
もしあなたが後者であるならば、和佐大輔を外して考えるのは得策ではないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ホストの帝王、1京系。

Author:ホストの帝王、1京系。
1950年10月29日生まれ。山口県出身。5歳の時、親の転勤で北海道の函館で5歳から17歳まで育つ。血液型はAB型。川崎の日本鋼管入社。1年で退社。その後山口に戻り、トラック。タクシーの運転手など、今まで職業100個くらいつきてんてんとする。35歳まで母親の娘が堺にお嫁に嫁いだので、35歳の時に母親といっしょに堺にきました。その後25年堺に住んで、一年ぐらい前から大阪市に住みました。パソコンに出会ったのが15年前の45歳の時でした。生活に追われパソコンいじくれたのが合計1年ぐらいです。現在は。本の主ゅ筆活動。アフリエイター。情報商材販売。便利屋。作曲家活動。パーテー企画。 seo対策コンサルテング。マーケティング。輸入雑貨販売。ネットショップなど手がけています。目標は、世界一のお金持ちです。Google買収したいと思っています。よろしくお願いします。映画は難波金融伝にはまってます

カテゴリ