fc2ブログ

記事一覧

100万PVの収入目安は?運営しているサイトのPVと収入を公開してみる

サイト運営・SEO・アドセンスなど
18
Jul
100万PVの収入目安は?運営しているサイトのPVと収入を公開してみる
サイト運営・SEO・アドセンスなど約8分


Clip to Evernote
100万PVの収入目安は?運営しているサイトのPVと収入を公開してみる
どーも、こんにちは。

トシです。



僕は、地元企業のコンサルやメルマガなどをメイン事業としていますが、じつはサブ事業として複数のサイトを運営しています。

元はWEB集客の実験・検証のために作ったサイト達なのですが、思った以上にアクセスがある(100万PV以上)ため、サイト運営だけで一家4人が田舎で生活できる程度は、稼ぐことが出来ているんですね。



今回、その運営するサイトの1つについて、

2015年6月時点でのアクセス状況や、そのサイトで発生する収益を公開してみます。

『100万PVサイトの収益の目安は?』ということが気になる方は、参考にしてみてください。






目次 [hide]

2015年6月時点のアクセスは120万PV
2015年6月の収益
月100万PVはどのくらいで到達できる?
月100万PVまで到達すると・・
自分の得意を活かせる稼ぎ方の1つ
さいごに。
2015年6月時点のアクセスは120万PV


スクリーンショット_2015-07-18_10_43_09

上の画像は、僕が運営する中で一番規模の大きいサイト(100万PV超え)の、アドセンス管理画面のスクショです。

投稿のジャンルは “生活全般”。食〜趣味、恋愛、IT情報など多岐に渡ります。

5月は→こちら



アドセンス金額も表示されていますが、どう感じたでしょうか?

恐らく、『120万PVの割に低い・・』と思った人が大半じゃないかと思います。



じつはこのサイト、”GAURL”?という配信システムを通して広告を配信しているため、アドセンス金額の2割が引かれているんですね。

“GAURL” とは・・

Google認定パートナー企業「Geniee」の提供する配信システム。

このシステムを利用することで、

?アドセンス広告数を3→7に増やすことが出来る

?各広告をジャンル別に設定することができる(自動)

?アドセンス規約に違反しそうな記事には別途自社広告を配信し、アドセンス配信停止を防ぐ

などのメリットがあります。



ただし、”GAURL” による自社広告のクリック収益もありますので、結果的には±はほぼゼロです。

また、その他にも『Amazonアソシエイト』や『アフィリエイト』による収入もあったりします。



次は、そこらへんの収益について公開します。

果たして、その収入は、、?





2015年6月の収益


そのサイトの収益は以下の通りです。

スクリーンショット_2015-07-18_10_36_31
アドセンス+GAURLの収益
スクリーンショット_2015-07-18_10_36_46
Amazonアソシエイトの収益
スクリーンショット_2015-07-18_10_37_24
A8netの収益




また、最近コレ以外にもインタースティシャル広告の配信も始めてみました。

ハッキリ言って、利用者にとってはウザい広告なのですが、意外にもPVやクリック数に影響が無いようなので、もう少し様子見の予定です。

こちらは、現在の月間120万PVの状況では、約25,000〜40,000円ほどの収益になりそうですね。



また、現在はライターさんを雇って記事の更新をしてもらっているため、

月に1〜2万円ほどの支出があります。

(長く続けてもらいたいので、相場の倍の報酬をお支払いしています)



つまり、合計すると

現在、このサイトだけで毎月約32,33万円ほどの収益が上がっていることになります。



月間100万PVに換算すると、単純計算で1.2で割って、

約26,27万円ほどですね。



独身なら余裕で生活できますし、夫婦二人でも贅沢しなければ、生活可能なレベルです。

同じようなサイトを2つ作れば、子供がいても余裕ですね。





月100万PVはどのくらいで到達できる?


僕の場合、月100万PVは、サイト運営を始めて7ヶ月で到達しました。

また、運営に際して参考にしたサイトはありましたが、特別コンサルなどは受けてません。

全て、自分の分析のみです。



しかも、WEB集客の実験・検証のために、SEO集客(検索からのアクセス)に特化したため、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア集客などにも、全く対応していません。



それでも、7ヶ月で100万PVまで到達することは可能です。

ライターさんの協力や、SNS連携があれば、もっと早いことでしょう。

(ちなみに、現在はライターさんがいるため、管理に必要な時間は週に1時間ほどです)





月100万PVまで到達すると・・


今、会社の給料で20〜30万ほどを稼ぐ人の場合、

会社以外の仕事で月20〜30万を稼げるようになると、多くの夢を叶えることが出来るようになり、見える世界が変わります。



今働く時間は、

そのまま好きなことに使えるようになりますから。



本当にやりたいことだけを、やれるようになります。



僕は、その最短の到達法として、個人のメルマガ発行を勧めているのですが、

じつは、それと同じくらいサイト運営もオススメです。



なぜなら、【キーワード選定さえちゃんとしていれば、集客を気にしなくても良い】というメリットがありますから。

これはつまり、『ひたすら書くことだけに集中できる』ということですね。





また、人には相性や向き不向きがありますし、

『人前に出るのはちょっと・・』

『商品を作って売ることは興味が無い』

『一人でコツコツやりたい』

という人には、メルマガよりもサイト運営の方が向いています。



もちろん、サイト運営でも顔出しOKですし、

顔を出しているからこそ可能になるメディア展開もあります。



メルマガとサイトは、それぞれ “展開方法” と “稼ぎ方” が違い、どちらにも得意・不得意があります。

正直、「どちらが良い」という話ではなくて、「両方やればいい」という話なんですね。

実際、僕がそうですし。





ただ、『メルマガはちょっと・・』という人には、まずサイト運営を強くオススメします。





自分の得意を活かせる稼ぎ方の1つ




個人で事業を始める場合、以下に当てはまるものを事業にすることで、上手くいく確率が上がります。

・人の役に立つ

・利用者の成長に繋がる

・自分が得意、または好きである

・自分の体験が活かせる



じつは、メルマガやサイト運営は、まさにこれに当てはまるんですね。



特にサイト運営は、誰でも手軽に始められ、

自分の得意なことや、好きなことについて “集中して” 書いていくことで、その情報を必要とする人に読まれ、主に広告による収益を得ることができます。



主婦や学生、フリーターであっても、やればやっただけ結果が出ます。

(実際、僕の妻も稼いでますし、教えた大学生も稼いでます)





また、より多くの人に読まれるためには、

・読ませる文章を書くコピーライティングスキル

・読者のためになる情報提供

・読者が納得する独特な視点

・ターゲットを絞ったキーワード選定

などが必要になりますが、



ぶっちゃけ、

考えながら書いていれば、いずれも自然と身についていくことです。



もし、そこらへんが心配なら、

僕や、他の稼いでるライターに教わりましょう。



もっと早く、より高精度で習得することが出来ます。





さいごに。


お金を稼ぐための、『仕事』。



どうせなら、やってて楽しい方がいいですし、

自分の得意な部分、好きな部分を活かして、やりたいですよね。



その方が、長く続けることが出来ますし、

利用者やお客さんも、サービスを通して得られる “安心感” や “満足度” が高くなりますから。



けれど、

『最初から大きなリスクを抱えて始めるのは怖い』

『時間も、人脈も、お金も無い』

『確実なやり方が分からない』



そんな人が多いかと思います。



僕は、そういう人にこそ、

「サイト運営やメルマガ発行を始め」

「そして、続けてもらいたい」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ホストの帝王、1京系。

Author:ホストの帝王、1京系。
1950年10月29日生まれ。山口県出身。5歳の時、親の転勤で北海道の函館で5歳から17歳まで育つ。血液型はAB型。川崎の日本鋼管入社。1年で退社。その後山口に戻り、トラック。タクシーの運転手など、今まで職業100個くらいつきてんてんとする。35歳まで母親の娘が堺にお嫁に嫁いだので、35歳の時に母親といっしょに堺にきました。その後25年堺に住んで、一年ぐらい前から大阪市に住みました。パソコンに出会ったのが15年前の45歳の時でした。生活に追われパソコンいじくれたのが合計1年ぐらいです。現在は。本の主ゅ筆活動。アフリエイター。情報商材販売。便利屋。作曲家活動。パーテー企画。 seo対策コンサルテング。マーケティング。輸入雑貨販売。ネットショップなど手がけています。目標は、世界一のお金持ちです。Google買収したいと思っています。よろしくお願いします。映画は難波金融伝にはまってます

カテゴリ